読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メリークリスマス。今夜は心温まるエピソードを・・・♪

メリークリスマス♪

 

今日は、クリスマスにまつわる、ストーリーをお届けいたします(#^^#)

 

 

◆100年前のニューヨークで生まれた心温まるクリスマス・ストーリー◆


約100年前にニューヨークであった実話なのですが、

 

信じることと人を愛する優しい心の大切さを感じさせてくれる
とても素敵な話です。

 

 

 

1897年のある日、ひとりの女の子が新聞社に一通の手紙を送りました。
手紙を受け取った新聞社の編集長は、ひとりの記者に、女の子への返事を社説に書いてみないかと言いました。

 

 

彼は、社説に子供の手紙の返事を書くなんて・・・と、
思いましたが、やがて、次のような文章を書き上げました。

 

 

1897年9月21日付け ニューヨーク・サン新聞「社説」(抜粋)

ニューヨーク・サン新聞社に、このたび、次のような手紙が届きました。
さっそく、社説でとりあげて、お返事したいと思います。
この手紙の差出人が、こんなに大切な質問をするほど、
私たちを信頼してくださったことを記者一同、たいへんうれしく思っています。

 

記者 様

私は8歳です。

私の友だちに「サンタクロースなんているもんか」って言っている子がいます。
パパは、「サン新聞にきいてごらん。サン新聞の言うことがいちばん正しいだろうよ」
と、言っています。

 

どうか、本当のことをおしえてください。
サンタクロースって、いるんでしょうか?

 

              バージニア・オハンロン より

 

 

バージニア、あなたの友だちは
「サンタクロースなんているもんか」
と言っているそうですが、その子はまちがっています。

 

 

このごろは、なんでもかんでも「そんなのはウソだ」
と疑ってかかる人が多いけれど、
その子もそんな疑り屋さんなのでしょう。
そういう子は、目に見えるものしか信じようとしないし、
自分の頭で考えても理解できないものは、
「あるもんか」と思ってしまうのです。

 

 

しかし、自分の頭で考えられることなど大人だって子供だって、そんなに多くないのですよ。
私たちの住んでいる、この限りなく広い宇宙とくらべたら、
人間の知識なんてものは小さな虫ていど、そう、
アリのように小さいものなのです。

 

 

この広い世の中にある「すべての真実と事実」を考えてみたら、
私たちが頭でわかっていること、知っていることなどは、
ほんの少ししかありませんよね。

 

 

そう、バージニア、 サンタクロースはいるのです。

サンタクロースがいる、というのは、

この世の中に愛や、やさしさや、
思いやりがあるのと同じくらい、
たしかなものです。

 

 

私たちのまわりにある愛や思いやりは、
あなたの生活を美しく楽しいものにしているでしょう?

 

 

もし、サンタクロースがいなかったとしたら、
この世の中はどんなにつまらないことでしょう!

 

 

サンタクロースがいないなんて、
バージニアみたいな子供がいない、

というのと同じくらいさびしいことだと思いますよ。

 

 

もし、サンタクロースがいなかったら
素直に信じる心も、詩も、夢のような物語もなく、
人生はちっとも楽しくないでしょう。

 

私たちが、喜びを感じるのも、目で見たりさわったり聞いたりできるものだけになってしまいます。

そして、子供たちが世界中にともした永遠の光も、消えてしまうことでしょう。

 

 

サンタクロースを見た人は、だれもいません。
でも、だからといって、サンタクロースがいない、
と言えるのでしょうか?

 

 

この世の中で一番たしかで本当のもの、
それは大人の目にも、子供の目にも見えないものなのです。
しかし、目に見えない世界は、一枚の厚いカーテンで
おおわれていて、どんな力持ちでも、
いいえ、世界中の力持ちが集まっても、
そのカーテンを開けることはできません。

 

 

カーテンを開けることができるのは、
信じる心と想像力と詩と愛と夢見る気持ちだけなのです。
そういう心さえあれば、カーテンの向こうに広がる、
美しく、きらきらした輝かしい世界を見ることができるのです。

 

 

そんな世界は幻じゃないかって?
バージニア、カーテンの向こうのそんな世界こそが、
ほんとうであり、永遠なのです。

 

 

うれしいことに、サンタクロースはちゃんといるし、
これからもずっとずっと生きつづけるでしょう。
今から一千年たっても、いえ、その百倍の月日が流れても、
サンタクロースは子供たちの心の喜びとして、
ずっとずっと、生きつづけることでしょう。

 

 

 

 

 

こんなお話を読みながら過ごすクリスマスもよいと思いませんか?
そして、ちょっとだけ優しい気持ちになれますよね^^♪

今日と明日の主役は子ども達です。

 

メリークリスマス!!

 

今日はBaulが1年で1番楽しみな日

 

クリスマスです!!!(#^^#)

 

 

今日の主役は・・・そう!子ども達!

 

サンタさんにお願いをして、ワクワクしながら1日をすごします。

 

 

皆さんは、フィンランドラップランド、ロヴァニエミにあるサンタクロース村をご存知ですか?

 

santaclausvillage.jp

 

Baulも毎年、サンタクロースに手紙を書いていました。

 

 

サンタクロースは、どこにいるのかな?

 

その答えは、みんなそれぞれが持っていると思います(#^^#)

 

サンタさんは僕たちに夢を届けてくれます。

 

子供達にとって、サンタさんは夢そのものです。

 

そして、僕たちの子どもへの”ありがとう”をサンタさんが代わりに伝えてくれる日です。

 

 

1年よく頑張ったね!

ありがとう!

 

 

サンタさんの白い袋の中に、僕たちの”ありがとう”をたくさん届けましょう!

 

是非、今日というステキな1日をお過ごしください!(^^)

 

 

メリークリスマス!!♫

今年も残り10日を切りました♫2016年の感謝は2016年の内に♪

おはようございます♡
 
久しぶりに登場ひまわりです♪
ひまわりは夏の花だからね・・・冬はあんまり咲かないのですww
 
ではなく!!!笑
登場しますね♡ 
みなさんにお役に立てること見つかったから♪
 
 
というわけで!!!
このバウルの記事を読んでいただけましたか??
 

 

treasurefromchildren28.hatenablog.com

  
 
私が小学校の先生や保育士をして・・・ず~っと続けてきたこと。
それが年賀状の授業でした。
担任の時も・・・専科の時も・・・♪

メールやSNSが普及した現在、日本を飛び交う年賀状の枚数はやはり減少している。日本郵便が発表した2016年用年賀はがきの当初発行枚数は、30億2285万枚。昨年は32億1590万枚となっているので、前年比94%だ。ピーク時の2003年には44億5936枚が刷られている。昨年の総発行枚数は33億173万枚と、当初発行枚数より約1億枚増えているが、今年も同程度だと見積もれば、最盛期の7割程度ということになる。

http://diamond.jp/articles/-/83145

 

  

私個人的にはね・・・メールやSNSがどれだけ普及しても・・・日本のステキなところ、伝統って伝えていったほうがいいと思っています。
 
例えばおりがみとか・・・俳句とか・・・お着物とか・・・。
その中の1つが年賀状。
 
年賀状について、伝統についてはまた詳しく想いを書きますね♪
 
 
伝統って大人が子どもたちに伝えていくしか・・・継承の方法はないと思います。
継承していく、繋いでいく、引き継いでいくって、コレ、大事な役割。
 
子どもたちに直接ありがとう!!を伝えるのも1つの方法。
伝統を伝えていくのも1つのありがとうを伝えていく方法なんじゃないのかな。と、ひまわりは、ずっとずっと思っています。


あとはやり方。
それは社会に合わせて、時代に合わせて、状況に合わせてやっていけばいい。
ブレちゃいけないのは《想い》の部分。《なぜ》の部分。
 

 
時代や相手が変わると授業の形も話す内容も変えて授業を私はしてきました。
教科書を教えるのではなく、教科書でおしえるってそういうこと。
カスタマイズするってそういうこと。
 
ただし・・・この《伝統》に関しては、変わらなかった。変えなかった。
伝えるべきというか・・・(べき論はあんまり好きじゃないけども)わかってほしいこと・・・子どもたちのさらに子どもたちに伝えてほしいことって、変わらないものだから。。。
正しい伝言ゲーム、世代を超えた伝言ゲームこそが、伝統を継承するってことだと私は思ったから変えてきませんでした♪
 
 
 
2016年もあと10日を切りました!!
年賀状の作成を通して子どもたちとコミュニケーションはどうですか♪
 
そしてTREASUREのひまわりとバウルがオススメする、2016年の年賀状がコレ♡♡♡

www.post.japanpost.jp

 
 
日本郵政さんのプロジェクト!!
ご当地キャラへ応援年賀状を書こう!!

コレなら、小学生も小さな子どもたちも楽しんで年賀状の習慣がついてしまいそうですね♡
 
 
何を隠そう、私が初めてこの世で書いた年賀状も「シルバニアファミリー」のうさぎさんへでした♡
 
 
ということで、クリスマスの3連休、クリスマスという世界の文化を感じながら日本の年賀状という文化に触れる3連休もよいのではないでしょうか♪

家族は、私の宝物です。

 

みなさん、こんにちは!

Baulです(^^♪

 

2016年もあと3日です!

 

あと3日もあるのか

もう3日しかないのか

 

あなただけの素敵な3日間をお過ごしください!

 

 

今日も素敵なエピソードを頂きました!

それではご覧ください(^^♪

 

 

私は、3人の子供がいます。

女の子1人 と 男の子2人

 

お姉ちゃんが弟たちの面倒を見てくれるから、本当に楽をさせてもらってます(^^)

 

男の子2人も男の子らしく騒ぎ続けてるけど、

仲良く育ってくれて本当に嬉しい限りです。

 

旦那と子ども達と何気ない毎日を過ごすことが本当に嬉しく、ありがたい事です(*^^*)

 

 

考えることもできないけど、この子たちがいなかったら、私は今頃どうなってたのかな!?て。

 

本当に幸せ者です(^^)

 

 

今年も無事に1年みんな健康にいてくれたこと、

それが、何よりも私にとって、幸せな事です(^^)

 

 

本当にありがとう!

 

 

 

 

ありがとうございました!

 

本日は、お母さんから、子ども、旦那様、ご家族への”ありがとう”でした。

 

ステキなエピソードをありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

生意気だわぁ!

 

みなさんこんにちは!

Baulです!

 

今日のエピソードタイトルは

「 生意気だわぁ!」

 

このタイトルから、

どのように子ども達への

”ありがとう”に繋がるのか?

 

楽しみですね!!(*^^*)

 

 

それでは、どうぞ!!

 

 

文句ばっかり言うし!

言うこと聞かないし!

毎日怒ってっばっかりだけど。

 

でも、1日お泊りとか行っちゃうと寂しいんです。

 

今頃何してるのかな?

ちゃんとご飯食べてるかな?

みんなと仲良くしてるかな?

 

心配の気持ちがもちろん大きいんだけど

 

寂しい。

 

早く食べなさい!

箸をちゃんと持ちなさい!

準備できたー!?

早くしなさい!

 

こんなことばっかり言ってて、子どもには私がいないと。って思ってたけど、逆でした。

 

私には子ども達が必要です。

子ども達が大好きです。

 

 

こうやって子ども達も少しずつ大人になっていくのかな?

って、我慢我慢。

 

子どもがいてくれることが本当に幸せだなって思いました(^^)

 

今日も朝から慌ただしい我が家だけど、本当に私は幸せ者です!

 

 

 

ありがとうございました!

 

子どもとの時間は、かけがえのない時間ですね。

ステキなエピソードをありがとうございました!(*^ω^*)

 

みんなで一緒だから意味がある


保育園でのエピソードです。

5歳年長さん最後の遠足。

「みんなで密かにつくっていたお揃いのTシャツを着て行こうね!」と前日に何度も確認していた子どもたち。



そして、

とっても楽しみにして迎えた当日の朝。

いつもしっかりしている子がそのTシャツを忘れてきてしまいました。

1人だけ。


でも、誰1人、その子を咎めることなく、

「じゃあいつもの服に着替えよう!」

と1人が優しく声をあげて、

みんなが口々に「そうだね〜♪また着れるしね!」

とさりげなくフォローしながら、

みんなで着替えてその日はいつも通りの私服で遠足に行きました。



大事なことは、

みんなでお揃いのものを一緒に過ごすことじゃなくて、

みんなでお揃いの心で一緒に過ごすことなんだなぁ

って思いました。

教えてくれてありがとう(*^^*)

 

Yさんより

三つ子の魂 百まで

 

子育ては3歳までが勝負

 

2歳までは自由に育てる

3歳になったら良い事・悪い事をしっかりと教える。

 

子どもが一人でできそうなことはできるだけ一人でさせてみる。

口は出しても、手は出さない。

すると、我が家の3人ができました。

 

子供の成長は親の反省。

良い事・あら?と思うことも含めて。