読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供達に助けられてばかりで、私は何もしてません(笑)

 

こんにちは!Baulです!

今日は、学校の先生から頂いた、素敵なエピソードです(*^^*)

 

学校の先生は毎日子どもと接するお仕事ですからね(^^♪

 

そんな先生のエピソードを是非お楽しみください!

 

 

私は小学校6年生の担任をしています(*^_^*)

 

6年生って、少しづつ大人になってきていて、私が凄く勉強になります!

 

いつの間にか自分たちの個性が分かってきているのかな?

 

みんなをまとめる子

元気いっぱいでクラスを明るくしてくれる子

勉強をみんなに教えてくれる子

 

誰が良いとか、そういうわけではなくて

みんながそれぞれの個性を出して、助け合っている素敵なクラスです!

 

正直、私が何もしなくてもいいんです(笑)

ダメなんですけどね(^^

 

私が何をしなくても、子ども達がまとまって、自分達で答えを見つけて、自分たちで成長していく。

その姿を一番近くで見られるだけでも、私は幸せ者です!

 

そんな6年生ともあと3か月でお別れ。

毎年、卒業式は大号泣です(笑)

 

子供達が小学校6年間で大きくなった姿を見ると涙が止まらなくなります。

子供達の名前を1人1人呼ぶときは、1年で1番頑張る瞬間です。

 

あと3か月間。

子供達の成長をそばで見守り続けて、、最後の最後まで、思い出を作っていきたいですね!

 

みんな!大好き!!

ありがとう!!

 

 

 

 

本日は6年生の先生からのメッセージでした!

年も明ければ、6年生は卒業までのカウントダウンが始まりますね。

 

Baulはちなみに、小学校・中学校・高校、全部の卒業式で号泣しましたww

でも、それぐらい卒業式は覚えてます

 

今小学校6年生の皆さん。

あと3か月楽しんでくださいね!!

 

本日もありがとうございました。