読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ひまわりより~

 

こんにちは、ひまわりです♪

 

今年も振り返れば色々とあった1年でした。

 

月日は川の流れのようにとめどなく流れて、それは誰にも止める事は出来ません。

「流行り」とか、「流行」という言葉がありますが、その字の通り「流れ行く」という事です。

 

 

世の中の時間は流れ、それと同時に世の中の人の好みや必要なもの、必要な情報も1分1秒、刻一刻と変わっていきます。 その中でひとつのことにこだわり続けていくのは、大きな川の流れに逆らう小舟のような感じなのだと思います。

 

 

流れに逆らう小舟には、オール(櫂)や、エンジン付きのスクリューなどが必須になってきます♪ または、大変とかいて、大きく変わることが必要です。

 

その子舟じゃダメなら・・・違う小舟に変えないといけないかもしれない。。。 たとえ乗りたくなくっても・・・。 自画自賛になっちゃうかもしれないけれど・・・自分でも変わりまくった1年でした。

 

 

それは、こうやって関わってくださる皆様のおかげでございます。 みなさんが、オールやエンジンスクリューになってくれたから・・・小舟は波に逆らい、新たな所へ。 海という大海原へ出ることができたんだなってオモッテます♡

 

ここでこうして、ブログを通して出会えたのもなにかのご縁。 縁というのは、遠くに居ても、近くに居ても、変わらないものなんだと私は思っています。

 

 

私の大好きな歌「糸」(^_-)-☆

 

なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない

いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きていたの 遠い空の下 ふたつの物語

 

縦の糸はあなた 横の糸は私

 

織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない

 

なぜ 生きてゆくのかを 迷った日の跡の ささくれ

夢追いかけ走って ころんだ日の跡の ささくれ

 

こんな糸が なんになるの 心許なくて ふるえてた風の中

 

縦の糸はあなた 横の糸は私

 

織りなす布は いつか誰かの傷をかばうかもしれない

 

縦の糸はあなた 横の糸は私

 

逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます

 

 

この最後に

 

「縦の糸はあなた 横の糸は私 逢うべき糸に 出逢えることを 人は 仕合わせと呼びます」 

 

このブログにどうやってかたどり着いて、読んでいただけた皆様。 私たちと逢うべき糸だったんだなって。

 

2016年感謝の気持ちでいっぱいです(^_-)-☆

 

2017年、もっともっと皆様と関われて行けたらとっても嬉しく感じます☆

 

よいお年を!!