読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子どもが自分らしく生きてくれること。

こんにちは!

バウルです(^^)♪

 

寒くなってきましたね・・・

そんな今日も心温まるエピソードを頂きました。

 

それでは、どうぞ!

 

 

私は子どもがまだ小さかったとき、毎日のように怒鳴っていました。

仕事と家事。

両方の生活にイライラしていた私は、そのイライラのはけ口を子どもたちに向かってしていました。

 

なんでそういうことするの!!

静かにしなさい!!

おとなしくしてて!!

 

私の思い通りにいかないと怒ることで、子ども達を収めていました。

ダメなことはわかってるんです。

子ども達も悪気があるわけじゃないのに、怒ってしまう。

 

そんな自分も嫌いになり

子ども達にも申し訳なくて・・・

 

そんな思いが募り募った結果、

私は、風邪でダウンしてしまいました。

 

久しぶりに寝たなぁと思いながら起きると、子ども達に言われました

 

『お母さんはまだ寝てて!』

『今日の夜ご飯は私たちが作るから!』

 

 

涙が止まりませんでした。

 

 

私は子どもたちに愛を届けることができているのかな?

そんな心配ばかりしていたけど、子ども達から大きな愛を貰いました。

私が驚くぐらいに子どもたちは大きく育っていました。

 

 

それから、子ども達が私を助けてくれるようになりました。

 

『お母さん疲れちゃうから、今日は私が料理する!』

 

 

そんな言葉が本当に嬉しい。

 

私は子どもたちのおかげで、大切なことを教えてもらうことができました。

 

本当にありがとう。

 

こんなお母さんだけど、

これからもよろしくね!

 

 

 

 

 

 

お母さんと子どもの存在は

かけがえのない宝物なんですね。

 

素敵なエピソードをありがとうございました。